低品質人生の下流的日常

キリンザストロングにラムネ味が期間限定で発売された。ラムネ味に目がない私はコンビニにてその爽やかな色をした500ml缶を見た瞬間魅了され4本ほど買った。ラムネ味に目がないと書いたな。それは嘘だ。嘘だけど美味しくて好きなのは事実だからね。加えて期間限定なんだから買っちゃうのも致し方ないよ。

コンビニに寄っては3、4本買った。一昨日もそうだった。アッこれは昨日の出来事です。

夕飯を食べ終え、自室にこもり飲酒タイムが始まる。おそらく時間は21時頃、お供はfgoだ。

ラムネの味した酒が進むこと進むこと、しかしクエスト進行度は進まない。令呪!星の石!ヤケクソ召喚!そうして時は過ぎていきます。そして

 

間。

 

気付いたら深夜2時40分くらいにワープしていた。ナムサン!!

少しの時間酔いつぶれて体が重く思考も重い。目を閉じれば最後、また寝てしまう。

私はこう思った。

(刀剣乱舞やらなきゃ…)

朦朧とする意識の中、刀剣乱舞Pocketを起動させ日々の任務を出来うる限り達成させた。

こうして安堵した私は心置きなく眠ることが自分自身から許された。

 

再び目が覚めたのは5時半頃だったか。ぼんやりした意識がだんだんとハッキリするにつれてある波が押し寄せてきた。そう、吐き気だ。すごく!気持ちが悪い!!すぐさま吐く!

だが侮ることなかれ。私は吐き気に対し妙な忍耐力があるという不思議な自信を持っていた。がしかし侮るがいい。自信とは自分を信じることであってそこに実力は伴わない。

こらえられなかったね。大丈夫大丈夫。寝てればおさまるとか能天気なこと考えてたけどマズイと思ってトイレ行って吐いたね。ツマミなしに飲んだからか固形物が無くて代わりに黄色い、湯に卵を割り入れたものを割り箸でぐちゃぐちゃにしたような感じのものに半透明さがプラスされた汁が出た。おそらく胆汁だろう。

一通り便器と顔をにらめっこしてしこたま吐き自室に戻り水分補給に白湯を飲んだ。

横になっても気持ちが悪い。そして(来るとは思っていたけれど)10分も経たぬうちに第二波が来た。

第二ラウンドは腹痛というマイナスが付加贈与されていた。腹はまだ耐えられる。いける!私はまた吐いた。今度は生温かい吐瀉物だった。心当たりがあり、断言も可能。それはズバリ先程のんだ白湯。

こうしてまたしこたま吐いて、今度はちょこっと水分補給して、また布団に戻る。数分後、また吐き気。

この第三波が特にやばかった。

また出てきた黄色いやつ、胃が痙攣してる気がする。息を吸いたいのに出したくて上手く呼吸が出来ないから苦しい。すごく口内が苦い。地獄じゃないか!

 

トイレの中、頭を垂れ、脂汗と涙を滲ませながら私は思った。

(ツイッターのTL遡らなきゃ…)

危機管理能力が著しくひどいと思う方もいるだろう。自分でも馬鹿だと分かる。

でも人って別のことに意識すれば多少楽にならない?派なので私は第四波からトイレで吐きつつ合間合間にツイッターを開きTLを遡った。苦しくてもネタツイで笑っちゃった。

バカの無限ループの末少しずつ少しずつ吐き気は鳴りを潜め大分回復、最後に見た時計の時間は8時何分だったか。

 

目が覚めたのは12時頃だったか。吐き気、気持ち悪さは0に等しかった、わけじゃない。

気持ち悪かった。でもこの気持ち悪さはアルコール摂取の気持ち悪さじゃない。多分。分からないけれど。これはおそらく空腹の気持ち悪さですね。

だから私はこう思ったのだ。

 

(またTL遡って…fgo刀剣乱舞して…)

 

どこまでも救いようがないですね。お昼ご飯はヨーグルトと明太子入りはんぺんを食べました。

 

それはそうとダウンしている間に関西の方が大変なことになっていたようで…今後ともお気をつけ下さい。