読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病的に自分のことを好いてくれる女の子がいて、市販の品レベルのグッズまで何百個と作り上げいて、どれもクオリティ高すぎてドン引きして、私はその話を聞いている学校の4階にある渡り廊下から飛び降り自殺した。夕焼けがきれいだった。

死ねなかった。飛び降りたのに渡り廊下にまたいた。また延々と彼女の作り上げた私のグッズがいかに精巧かを彼女自身によってにこやかに語られてる中、私は頭の中で(今度は6階かそれ以上の屋上で頭から飛び降りよう)と決心した頃で目が覚めた。