読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業訓練と現状と昔のお話

職業訓練に入校しました。初っ端から提出書類を忘れるというミス。しかも周りの人たちすでに笑い合って話す仲になっている…なんで皆そんなにコミニュケーション能力高いんだ。そんなんだったら職業訓練しなくてもどこの社会でやってけるだろ。
完璧に出鼻をくじかれた。この先やってける気がしない。失敗して置いてかれるビジョンが目に見えてる。
もう、あっち行ったりこっち行ったりで疲れました。でもニートやってるより、やることがあるっていいことだなって思った。程々がいいんだろうね。

二の腕と足首を切る病が再発の兆しです。痛いの嫌い(ついでに言うと脂肪が見えるのも苦手)なので浅く、でも血が出る程度に切ります。なぜわざわざ痛みに耐えて自ら傷つけるんでしょうかね。なんで矛盾を抱えてるんでしょうね。不思議。細い赤い線を見てると落ち着きます。中二病なんでしょうねきっと。馬鹿らしいー
恋人氏にバレて怒られた過去があるので、切るのやめるか、傷の治りを見て都度切るかの選択です。いや切るのやめろよという話。

切る病と言えばなんですが(どうでもいいけど)、実は恋人氏とはいったん別れたことがあります。私の自傷と被害加害妄想に疲れてしまったのです。「自分の体を傷つける子は嫌いだよ」と。前の前の記事でお別れしたらどうするんだろう、って書いたと思うんですが、その「一回目のお別れ」は団地の5階から飛び降りようとしたけどネットが張られて飛び降りれなかった(というのは言い訳かもしれない。ネットだってその気になれば切れただろうに)ので情けないことに家に帰り貯蔵していたデパスと薬局から出された処方箋を数を覚えきれないほど飲んで風邪薬を1瓶飲みお酒を飲み吐きました。死ねずに泣いて泣いて仕事を休み泣きくれて後悔することをしてまた死にたくなって苦しかったです。自分が招いた事態なんですから自業自得としか言えないんですけど。そうしてその後どうしたかというと、私の方から会いたい会いたい、よりを戻したい、ごめんなさいとラインを送った。恋人氏(当時は元恋人氏)から送られるラインは必要最低限のものになった。それでも恋人氏は彼に依存していた私に多分同情心で会ってくれました。なにもなかったけれど、ご飯を食べるだけでも幸せでした。数ヶ月が経ちほだされたのかお情けなのか、愛情を戻してくれたのか、私からの何度目かの「よりを戻したい」に応えてくれました。本当に本当に嬉しくて泣きました。でも、心の隅で根底は許されないんだよお前はと私は自身に呟きました。
なんでこれを書いたのかというと自戒と懺悔のためです。私は今、過去と同じ過ちを繰り返そうとしているから。だから、もう、間違えないように。忘れないために書いときましたとさ。

本当に、「二回目のお別れ」が訪れませんように。