読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呟くには長ったらしいけどなんとなくメールに書き留めておいた本日13時半までの呟き集

なんだか暗雲が立ち込めている、私の人生みたいだ

 

たんぽぽの綿毛見て春だなぁって思った、他にも花咲いたりしてたけど名前分からないやつも見かけた、春だなぁって思った

 

神様は意地悪だと思うけどついついお願いしてしまう。まさに神頼み

 

特定の銀行に行くには電車に乗るのがてっとり早いけどその電車賃すら惜しいから歩いていった。スタンド・バイ・ミー気分だった。積読のままだけど

 

田園の中に一直線ででんと線路が敷かれている風景好き

 

当たり前なんだろうけど人間って大切な人親しい人上の人以外どうでもいい人間だからって他人を乱雑にしすぎて薄情だなぁとか、それって私にも言えることなんだけど、でも優しくなりたい

 

田舎特有のノーガードレール線路、よく死人が出ないな。でもガードレール作られたら風情がなくなっちゃうからンググググ

 

思ってたより駅一本の距離遠い

 

グーグルナビ使ったら上に「OKGoogle、お母さんに電話してと言ってください」って表示されて、何かの暗示か?って不安なので帰ったら電話しようと思った

 

シロツメクサかわいい〜

 

お電話せんたーバイト、実質営業なわけで人と接したくないくせに間接的に人と接しまくりで???そんで電話先に怒られたり説教されるのも???別に後ろめたいセールスじゃないよ、なんで怒るん?冷静に「結構です」の一言で終わるのに

 

ピアノ弾いてる音する、きれい

 

グーグルナビに翻弄された

 

めっちゃおしゃれな家見かけた

 

めっちゃかわいい古そうな車見かけた

 

そもそもなんでゆうちょじゃないんだろ?支店増やして、日本郵政見習って

 

ツツジの蜜だけ吸って生きながらえないかなぁ…野草食べたら…

 

 

ぼくはなにもできない

自我というものが生まれたと同時に要領の悪さが芽生えていた。

その持ち前の要領の悪さに悩まされ続けてずっとずっと生きるのがつらい。周りのみんなが普通に出来ることを私は全然出来なくて、怒られ馬鹿にされ距離を置かれ冷ややかな目で見られて現在に至った私は見事に劣等感と卑屈と意味の無いプライドで構成された、人一倍捻くれたゴミになった。

最初は大丈夫だよと慰めてくれた学校の先生も、前会社の上司も、社会も最後には私を見放すのだ。それくらい私は出来損ないなのだ。

今のアルバイトもそうで、私と同じ日に入った人後から入った人みんなみんな成果を上げて人ともうまく関係を作り上げて、私は置いてけぼりになってしまった。視線が突き刺さって痛い。気のせいだと思いたいけどなんとなくなじるような声が痛い。頭が痛い。胃が痛い。アルバイトだから気負わなくていいって言い聞かせて誤魔化してきたけどそろそろ限界だ。

神様にもサンタクロースにも私がもう少しマシな人間になりますようにってお願いしたけど駄目だった。神様にも見放されてるから。

 

それでも私はこっちを優しい目で見てもらえるように真面目に働いてはしている。承認欲求も人一倍なので。しかしまぁ毎度期待に添えられるような事もできず無力感に押し潰されて終わる。

鼻がツンとするし泣きたくないのに涙が込み上げてきて零れ落ちそうだし存在意義ないし死にたいけど死ぬの怖いから死ねないし。さんざん。もうさんざん。許してほしい。

誰も望んでいないのに推しを紹介する③

誰も望んでいないのに推しを紹介する① - 現実

上記事シリーズです。注意事項は上記事の上文に記載されています。

 疲れたから全力で推しの紹介をすることによって逃避する。

 

さて!今日の推しであるスタースクリームの紹介ははてブロからはじめよう!(CV.政宗一成)

 

スタースクリームとはトランスフォーマーシリーズのキャラクターである。実写映画をご覧になられた方はなんとなくそんな奴いたなと思う、はず。

 

いかんせんトランスフォーマーは商業展開規模がでかいし私自身まだにわかなので、初代アニメのスタースクリームを中心に語らせて頂く。

 

彼はことある毎に破壊大帝メガトロンという悪の軍団デストロン(実写版ではディセプティコン)のトップリーダーを裏切り、自身がニューリーダーになりたがろうとする。なので自軍の足を引っ張りまくる。

ああなるとニューリーダー、こうなるとニューリーダー、とにかく病的にニューリーダーにこだわり裏切る様子は「ニューリーダー病」と界隈では主に呼ばれている。

破壊大帝の座を狙って積極的に自軍のリーダーをあの手この手で攻撃するが、毎回成功せず終わる。そして裏切る度にメガトロンから「この愚か者めが!」と怒鳴られる。「この愚か者めが!」という台詞はスタースクリームとメガトロン間のやりとりの中で高確率で出て来る。

また、メガトロンがある回でまーたやらかした時、普段なら常套句である「この愚か者めが!」と言いそうだが、その回では「まったくこのスタースクリームめ…」と言い放った為、スタースクリーム=愚か者の代名詞になりつつある。

 

 

だが!(CV.政宗一成)

なんとスタースクリーム、軍の航空参謀であり軍のNo2なのである。何度メガトロンを殺しにかかろうが裏切ろうが足を引っ張ろうが、それでもメガトロンはスタースクリームに対し何故か降格、殺す等しない。島流ししたことがあるがスタースクリームはむしろ新しい仲間を作り上げて帰ってきた。

罰するとしたらスタースクリームに砲撃するか蹴るくらいで、次の回ではけろっと隣か後ろにいるし会話もする。その為破壊大帝メガトロンは(他にも呼ばれる所以があるが)慈愛大帝メガトロンとも呼ばれている。

別キャラを右腕に据えようとしたことがあるが未遂で終わった。自分がクビにされたということに激昂したスタースクリームによってその別キャラが永遠にGood Nightしたのである。

 

ここまで来るとある疑問が浮かんでくる。

彼は構ってちゃんなのでは?

 

メガトロンはわりと高頻度で部下を褒める。有能な部下には尚更褒める。が、その様子を見るスタースクリームはあからさまに不機嫌だ。スタースクリームはメガトロンにほっっっとんど褒められたことがないのだ。

まぁ普段あれだけやらかしてるからなと納得もできるが、いつもいつも「愚か者」「馬鹿」まともに助言をしようとすると「黙れ」、「誰かと違って頼りになる」という間接的な嫌味まで言われる始末

本当は認められたいのでは?

わざと愚行をしてるのでは?

そう考えるとなんだかかわいそうに思えてくると同時に愛着がわいてくる。

 その愛着が最骨頂に湧き上がる回が「タイムトラベラー」である。タイトルのまんまタイトルトラベルする。

スタースクリームの知的さとまぬけさが存分に楽しめる。そして回ラストのメガトロンとのやりとりは『やっぱりツンデレじゃないか!(歓喜)』となること必須。メガトロンの叫び声でその回は締まるがその叫び声も必聴。

 

そんなスタースクリーム、なんだかんだあって続編(ザ ムービー)で死ぬ。が、死んでもなお一筋縄ではいかないのがスタースクリーム。続編の続編(2010)にて幽霊となって登場し、やはり場をしっちゃかめっちゃかにする。ドタバタコメディか?

 

話がそれるが、ちょいちょい文章に登場するメガトロン、その2010にてガチの精神病院でガチの精神治療にかかる回がある。

気になる方は『トーキュロン』でググれば事の顛末が大体分かります。

 

アメコミ版トランスフォーマー「オール・ヘイル・メガトロン」ではなかなかお目にかかれない、全面的にかっこよさを押し出されたスタースクリームの姿を拝むことが出来る。シリアスでストーリー性もあり番外編もあり大変ボリューミーでしかもフルカラーコミックを大体四千円で読むことが出来るのである!

 

まだ未視聴であるがパラレルストーリーである「トランスフォーマー マイクロン伝説」のスタースクリームはやばいくらいにかっこいいらしい。視聴が楽しみである。

 「トランスフォーマー プライム」では初代の原型のないほど無駄にスリムで無駄に美脚でしかもハイヒールみたいな足になっている。制作会社は絶対に狙ってる。私には分かる。

 

(かわいいから許せるって意味で)あざといといえばバンブルビーである。あの黄色い子。彼はシリーズ一貫を通してそのあざとさを発揮しているように私は思える。実写映画を観た方も分かるはずだ。かわいい。

そんなあざとかわいいバンブルビーは正義の軍団サイバトロンに属しているのだが、このサイバトロン、わりとデストロンよりやばい。主に言動が。

とあるキャラは「デストロンの奴らを2.3人血祭りにあげてきます」別のキャラは「引きずり下ろして細切れにしてやる」別のキャラは 「メガトロンの首だったはずの金属の塊を蹴っ飛ばしてサッカーでもして遊ぼうじゃないの!」等。バンブルビーもたまに過激な発言をする。

コンボイ司令官(サイバトロン軍のリーダー。現在ではオプティマスプライムと呼ばれることの方が多い)も過激な発言をする。バスケもする。その言動の過激さは実写版でも健在である、というかパワーアップしている。

「その顔を剥いでやる!」

実際剥いだ。

「メタルのクズめ!!!」

声がターミネーターということも相乗してかっこいいけれど怖い。ちなみにあざといバンブルビーも敵キャラの脊椎を引っこ抜いてたりする。かっこいいけれど怖い。

実写版スタースクリームですか?ああ…うん…

 

また、聞くところによるとシャッタード・グラスというアメコミもやばい。サイバトロンがとてつもない。特にコンボイ司令官が。私もそこまで詳しくはないのでどういうことか知りたい方は「シャッタード・グラス」でググってください。

 

 キュートランスフォーマー さらなる人気者への道では春日部の野原ひろしや万事屋の銀さん達がにゃんにゃん(語弊なし)しているので男性声優ファンの方はご覧になられると良いかもしれないです。

 

今までロボットモノに全く興味がなかった。ロボットモノはシリアス過ぎて苦手だったのだ。トランスフォーマー以外で唯一積極的に興味を抱いた作品はまりんとメランであるが結局現在も観てない。一応コードギアスとか、ガンダム00とか、エヴァとか数話見てみたがやっぱり途中棄権してしまった。今なら楽しめる気もする。

 

おかねって、かみとか、どうか?ではらうんじゃないの!?えっ、かーどではらえるの?すごーい!かんたんだー!くれじっとかーどっていうんだね!すごーい!まほうのかーどだぁー!わーい!ぐっずいっぱいかえるー!やっほー!

と、あれよこれよとまほうのかーどを使っていたら働かざるを得なくなった。トランスフォーマー怖い。どれもこれもスタースクリームのせいだ。まったくこのスタースクリームめ!

 

こうしてスタースクリームの紹介は終わった(CV.政宗一成)

 

CRパキシル

先日のお悩みを先生に申し上げたところ「それならもう精神安定剤入れるしかないなぁ」ということでパキシルCRが新たに追加されました。

パキシルについてはやんわりと聞いたことがあるけれど、気持ち悪くなるとか自殺衝動とかイライラするだとかそういう負の面の印象が強いのでちょっと不安です。

抗不安薬もらえるかなと期待してたから外れてしまったのは残念だけど、パキシルが活躍してくれるなら万々歳。効くといいなぁ。

そもそも私はなんなんだろう?最初にかかった病院には「誰だってつらい、あなたは普通だ」というようなことを言われやっぱりそうなのかと数ヶ月過ごし、それでもつらくてでも最初にお世話になった先生が怖くて他の病院にかかったら「あなたは心の病で療養と入院が必要」というようなことを言われどっちつかずのフヨフヨした人間です。

普通の人間程強くはないがそれが甘ったれだって自覚はある。

心は不確かで不明瞭でよくわからないし、人の意見は多種多様であてにならないけれど、お薬に救われていることは確かなんです。

 

既に1ヶ月働いた分の給与よりアマゾンと楽天で買った品の総額が上回って赤字になるニオイがプンプンしててやばい。

 

逃走病

ODしたくなるよ、健忘起こして自我の没落を楽しみたいよ、でも我に返ったら怖さと後悔が襲いかかってきて出来ない。

怖さと後悔に脅かされながらODしていたあの頃は別ベクトルで精神的強さを持っていたのだな。馬鹿だ。

ハルシオン効かないから増やして欲しいって伝えたい。マイスリー飲んでた時があったし効いてたけれど、それ故あんまりいい思い出がないからハルシオンがいい。

労働先、みんないい人だけど、人怖いしやっぱりずっとどきどきギクシャク、世間話なんて出来ない、広がらない、頭ぐるぐるするから抗不安薬頂きたい。デパスは処方されたら最後、たちまちODしてしまうことだろう。輸入のバスピンは効く時間が短い上にとてつもなく苦い。セロクエルは眠気が仕事に支障をきたしそうで不安。

わくわくワイパックスレキソタンソラナックス飲んでみたい。わくわくワイパックスは飲んだことあるけどイカれたODメンバーの1種だった記憶しかなくて効いてたかは覚えてない。

 

 

お外はすっかり春で、ひょっこり夏が顔を出してるくらい暑かった。ひゅうとすり抜ける風が心地よくて、見上げればお空きれい…ってなる。人様の家の花壇に植えられた名前もわからない花、道端に生えてるたんぽぽとかあとはわからない花、つぼみ、かわいいなぁと思って周囲に人がいないのを十二分に確認して足取り小躍り。ロマンチストぶってた。ぶってるようで実際私はロマンチストだ。ロマンチストだから現実に絶望して死にたくなる。歩きながら目に入ってきた高層マンションを見てあそこに住んでる人はいいなぁ、いざとなればすぐに飛べるんだものと高層マンションの住民に思いを馳せた。それもまたロマン。

電車にブチ当たれば国鉄?から賠償金取られる、ビル等から飛び降りれば管理会社から賠償金とられる、家の中ひっそり首を吊れば曰く付き物件となって住ませてくださった家主に恩を仇で返すことになる。

恩を仇で返す最大の相手は産んでくださった両親だけれど人の気持ちになりふり構ってられない。私は親に死なれたくない。親より先に死にたい。産んで育ててくれた恩を返し死なれちゃ嫌だと切実に願いながら倍恩を送るようにはしてる。年数分の恩をまるごと一気に返すことは出来ないけどそれなりに、1の恩の上に恩を重ねて返せる時は返すようにしている。その恩返しの最中に両親が死んでしまったら残りの恩はどうすればいい?これからどうやって返そうかと考えていた恩が虚しく泡沫となることだって仇で返されてしまったようなもんだ。つまり何が言いたいかって自分でも分からない。

 

暴  論

 

とありとあらゆる死亡先のその先を鑑みるに、ここはやはり手短にある太い木にでもぶら下がればいいかとなるけど木々も迷惑だろう。青木ヶ原樹海のイメージダウン、飛び降り自殺の名所東尋坊も…は…ポケGOでアップしてよかったね。

そんなら国直々が自殺オーケー区域を作ればいいのでは?暗に言えば安楽死制の導入。置いてかれた人の気持ちも大事だけど追い詰められて死にたい人の気持ちも大事。後者にスポットをあてて書くとこの区域設置、良くなーい?フェンスで囲んで木々を設置する。死にたくなったらフェンスの扉を開けてレッツ首吊り。先客に怖気づいて生きるとするか、むしろ心強いから死ぬとするかは個々人が決めること。

ここで問題が出てきた。腐敗臭と死体をどうするか。めんどくさいから国の人に任せる。国直々の自殺スポットだから。

どーーーせそんなスポット作られるわけないし!

 

以上は一般市民の妄想です。

病的に自分のことを好いてくれる女の子がいて、市販の品レベルのグッズまで何百個と作り上げいて、どれもクオリティ高すぎてドン引きして、私はその話を聞いている学校の4階にある渡り廊下から飛び降り自殺した。夕焼けがきれいだった。

死ねなかった。飛び降りたのに渡り廊下にまたいた。また延々と彼女の作り上げた私のグッズがいかに精巧かを彼女自身によってにこやかに語られてる中、私は頭の中で(今度は6階かそれ以上の屋上で頭から飛び降りよう)と決心した頃で目が覚めた。

にっき

働いてきました。人生初バイトです。

 

前職は明確に自分を責め立てる人間がいたけど現職場はそんな人がいない。

一日目だから世界が見えてない可能性はなきにしもあらずとしても、見聞きした感じ現職場のみんなは全員優しくて、蹴落とすこともせずむしろ互いを褒め合い協力しあう姿、一日でそんな拍手するの!?ってくらい褒め合って英気を養っていて驚いた。前職の怒号と陰口がなくて爽やか。

自分を責めているのは自分自分なのだと再確認しました。

面接の時点で社長が「自分を責めることはない」というようなことを言ってくださってたから、まぁアルバイトだからなぁって気軽に素直に受け入れられる。初日から自分の不出来さが嫌で泣きそうになったけど、アルバイトだからで乗り切れて良かったです。でも多分そのうち泣きます。

それでも家に帰って尚、負の感情がおさまらないので「メガトロン様のお褒めのお言葉集」を視聴したらメガトロン様べらぼうに慈愛の塊過ぎて別の意味で泣きそうになりました。大帝の「ぞ集」も視聴したら爆発しました。あのアニメ爆発なんて日常茶飯事だけどね。

声優さんについてあまり詳しくないくせにこんなこと書くのは恐れ多い身分ですが加藤精三さんと鈴置洋孝さんと政宗一成さんが日替わりで褒めてくださったら多分余裕綽々で生きていけます。そこに中田譲治さんと大塚明夫さんと飛田展男さんと子安武人さんがいれば無敵です。ぼくの考えた無敵パーティーはすごいぞ

 

 

 

家のトイレの電球が切れました。さして困らないので買い換えるのをしぶっています。

明日も乗り切るぞーエイエイオー

メガトロン様ついでにチャージマン研を久々に視聴したら実家に帰ったような安心感がありました。不安定さが逆に安心するから不思議なものですね。