人に説明することが苦手で、何故って自分ですらやり方が分からないからだ。

教えてもらった手順を真似てやってるだけ、つまりマニュアル通りにやってるだけだから『こうで、こうなるなら、こうすればいい』を具体的に説明出来ない。

その上人と話すことに緊張して相手の反応ばかり気にしてどうすればいいかを置いてけぼりにしてしまう。そうしてしっちゃかめっちゃかで、お互い頭の上にハテナマークが浮かんで終わる。

社会人 特に社員というのは入社したら誰しもが先輩から作業を教えてもらうものだ。たまにマニュアル見て作業しろって教えてもらえず自力で覚える例もたまに見かけたりもするものの大半は先輩に教えてもらう。そっちのほうが当たり前だと思う。

そしてそれを受け継いだ新入社員はいつしか日にちを重ねて新しく入社する人間の先輩となり、今度は自らが教える立場となる。

というか、正社員の頃そうなった。

苦痛で仕方なかった。

後輩は他の社員に教えを乞うてメキメキと力を身につけていった。そうしてテキパキと『正社員』として仕事を割り振っていった。いつしか私も割り振られる側になっていた。

羨ましくもあったし、楽でもあった。彼や彼女のように指示のできる人こそが逸材で会社が求めていたもの。

私はただ隅っこで、息を潜めて、機械的に作業をしていた。苦しくて、安心していた。

たまーに克服の一環として苦手なことをやったこともある。依然として地獄だった。泣いた。

 

と、まぁ昔のことを書いたことに理由はある。

今日死刑宣告を受けたからだ。

要約すれば「頼りになる人がもしかしたらいろんな事情で辞めるかもしれないから、その時は(本名)ちゃんに頑張ってもらうね☆」

 

その人の分の作業、アクシデントが起きた時の対応。そして何より不安なのがそう、人に教えることだった。

もしその有能な先輩が辞めたとならばその穴埋めに新しい人が入る。となれば教えるのは誰か?そう、私だ。きっと私だ。

確証はないがそんな気がする。どうしてかって?それは私に様々な手順を教えてくれた方が私よりやや早めに入った先輩だから。作業員の中で、私の、だいたい半年前に入った先輩だから。

そうとなればもし採用された人に今度教える立場になるのは私であろう。

詰んだと思った。予期せぬ最悪のシナリオ。まだ分からないが確定に近い展開。ああ、想像に難くない。

お願い先輩、やめないで。私に胃をキリキリさせないで。懇願したかった。しかし懇願できなかった。先輩にも先輩の事情があるのだから。引き止められるわけない。

どうなるか未知だけど、気が重い。

 

 

グズグズになってる

ガルニエ宮を目に焼き付けて死にたい。

ナポリを見てから死にたい。

美しいもの全部巡って死んで、そしたらギリシャの海に遺灰をまいてほしい。ギリシャ大迷惑である。

 

 簡単に言えば努力してない。どうでもいいやって思った。

いつもはニコニコ笑顔を張り付けようと努力して会話もしなきゃってなるべくハキハキしようとしてるけど今日は無愛想になっしまった。声に抑揚が無かったって自分でも分かる。やることやったけれど、あんなんじゃやる気がないって感じられて当たり前だ。分からないことばかりだったっていうのがあるけどじゃあ聞けばいいって話なのでこれは言い訳だ。明日謝ろう。

どうでもよくないくせに。嫌われたくなんかないし疎外感や孤独感に苛まれるのはゴメンだって思ってるくせに。なのにそれを放棄して困るのは自分なのに。

トラックが目の前をビュウッて過ぎて行く時、アレにぶつかったら死ねるんだろうなって思う。

タイヤに巻き込まれて四肢があり得ない方向にねじ曲がって、熱と痛みに苦しまされることを想像しただけでも痛ましいし何より轢く側が被害を受けるので勿論車線に入らないけれど、確実に死ぬには痛みや苦しみから逃れられないのなら諦めるしかないけど怖くて、なんて考えたら頭がグワングワンした。

 

はきだめ

久方ぶり、かと言って一ヶ月ぶりに飲酒しました。

いいですね、お酒。頭がふわふわして、普段ならば出来ないこと、しちゃいけないこと、出来る気がしてくる。

私はよくわからなあ

 

 

っていうのが下書きにありました。この文はおそらく14日にしたためたものであって以降飲んでない!飲んでないよ!

 

優しいを行うことで私は救われる気がしました。

って書くと仰々しいにもほどがあるけれど。神様を信じてないのに悪いことをすると罰が下るって思っちゃうから人に悪いこと出来ないんだよ。ほんの少しいたずら心、いたずら心じゃないな、いじわる、みみっちいことしたくなる。嫌だなって思ってしまう人に。

でもさでもさやっぱりこれ以上バチ当たるの怖くてしなくてそういう時優しいって褒めてやるんだ。腑に落ちない自分に優しくしてやらないと拗ねちゃうから。

自分に悪いことすることに罪悪感ないのはなんでなんだろう?自己責任で自業自得で、自罰的で、あー分からない、分からないこといっぱいある。疲れた。

単純な思考回路で小難しいこと考えるから頭がパンクするんです。いつもそう。馬鹿なのに物事を遠回りでややこしく見てしまう。ひねくれ者だし…

あーあー嫌になる、嫌だ。分からないから嫌だ。何が分からないのかも分からないから嫌だ。

頭痛くなったり右胸が痛くなったりすると「痛いけどまぁ死ねるなら受容しよっかな」って思えるのに、夜中目が覚めて寝ようとしても脳がびりびりして唐突に頭に直で女子中学生の声とか男の人の声が響いてくる(幻聴って自覚ある反面これは幻聴に入るの?話しかけられてるじゃなくてラジオを聞いてるみたいに他者の会話が耳に入ってくる感じ)のは耐えられなくつらい。死にてー。

 

 

 

ってのが冒頭の下書きに加えられていました。今日は2018/03/21です。こんばんは!

ふと人生を振り返ると人に嫌なことされたことばかり思い出されます。しかし私は嫌なことをしてこなかったのか?と自身に問えば「それもない」と答えるほかありません。たくさん嫌な思いをしたし、その分たくさんいろんな人にいろんな嫌な思いをさせてしまったなと反省しました。反省したからといって金輪際人に不愉快な思いをさせない約束が出来ないです。存在しているだけで不愉快にさせてしまうんだろう。言動、行動、態度やあり方などなにかしらあるだろうし…。そもそもこんなメソメソした文章で不愉快にさせてしまうかもしれなくて…それでそれでとまーためんどくさーくグルグル考えてしまって。止まった。ツイッタですらネットの目を気にするようになってしまった。ダメ人間だ。

気にしていたらキリがなくなってしまった。また疲れた。

人がことごとくマウント取りしてくると感じてしまう自分が嫌いです。優位に見せる為の道具として使われてる気がしてる自分が嫌いです。ネットならなんとも感じないし良かったってまだ願えるのに、現実で接する人間にそんなことなんでなんですかね。雑音。耳障りで嫌だ。疲れた。

親にでも誰にでも何かを直に愚痴とか疲れを簡単に吐露出来る人こそ正解例なんだって見る度思います。言えるから健康な精神でいられるのかなって。それっていいな、嫉妬してしまう。個人的なものだって予防線を張っておきます。事実分からないし。

文章がまとまらない。

生きゆく分別

カテゴリ・フォルダ分けが苦手だ。

例えばスマホのアプリのフォルダ分けだとすると『よく使う』『便利』『ゲーム』『SNS』とかいろいろ作成して、するのはいいのだけれど肝心のアプリをどこに入れればいいか迷ってしまう。

ツイッターSNSだけどよく使うし、乗換案内だって便利でよく使うからまた然り。

パソコンを所持していたらフォルダの中にフォルダを作って、そこにまたフォルダを作って、そこにまたフォルダを……のマトリョーシカ状態にさせてしまうタイプです。

 

同じように人に対するカテゴライズを作成していた。人っていうのは無意識にフォルダを作り、作成した各フォルダにそれぞれの人間をいれておく。

私が人用に今まで作成していたフォルダは『好き』『苦手』『怖い』の3つだった。『嫌い』のフォルダを作らなかったのは認めたくなかったからだ。どんなに相手に嫌われていたり嫌な思いをさせられても、嫌いだって認めたくなかったんだ。

「あなたが私のことが大嫌いでも私はあなたが嫌いじゃないよ」って優しい言葉をかけたかったんだ。偽善でも。

でも最近、ようやくそれは言い訳なんだって。いい人しいなフリして優しい虚像を作り上げていることに疲れたんだ。

というわけで『怖い』と『苦手』を併合させ、更に『嫌い』フォルダを作った。

併合させた『怖い』と『苦手』は『怖いから苦手であって嫌いじゃない』ってことで、例を書くとすると『無愛想で怖いけれど分からなかったりすることや苦手なことをサポートしてくれるから嫌いじゃない』

『嫌い』は簡略的に書けば癪に障る人。

もちろん私自身は『嫌い』カテゴリに振り分けられる。

 

整理整頓が好きだけど苦手だ。おかげでカテゴリ分けがあいも変わらずごちゃごちゃで困った。

 

ケルトンゾンビが足にまとわりついてる感じがして、重くて、存在することの難しさに絶望して膝から崩れ落ちそうになる。

愛を渡せる量がない

 

今年で20半ばになる。四捨五入するとアラサーだ。後半だ。

20代後半になると7割上がってくる話題が「結婚」「子供」で、20代後半に『性別が女であること』が追加されるとなれば前述の話題が8割になるだろう。分からないけど。多分。

というより私がそう言われている。つまるところ私の話です。そうです。愚痴だな?と聞かれたら愚痴です。

 

子供は嫌いじゃない。可愛い。でも可愛いと思う反面、全ての人が怖くて子供も例外ではなく畏怖の念を抱いている。怖い。子供ゆえの無邪気さとか。可愛いけど関わりたくない。

可愛いんだよ。他人の子供は。他人の子供は可愛い。おめでとうと思える。

ところが、もし自分が子供を授かったらになると話が違うのだ。自身の腹の中に赤子がいることを想像しただけで嫌になった。

私の血とか遺伝子とかそういうものが組み込まれた子を愛せる自信がない(自信がないとか産みそうな文章書いてるけど授かってもないししてないよ)

そもそも母からして「死にたい」「死んじゃおっか」等の言葉をこぼす人間だった。

子供の頃の記憶は嫌なことばかり残っているもので「お金がなくなったら皆で死のうか」「そうだね心中しようか」といった感じの会話を両親がしていたことも覚えている。

両親の悪いところだけを抽出し凝縮された、なんならマイナス要素がややグレードアップしてしまった子供。となればその子供の子供は86%くらい更にマイナス方向へグレードアップした子になるだろう。

その血の運命!空!こぼれ落ちた2つの星が光と闇の水面にのみこまれてゆく!

マイナスの血はここで途絶えさせることが懸命な判断なのだ。

 

……と子供をすすめる子持ちの方々に言いたいのだけれど言えるはずもない。

なのでだいぶ端折って「結婚願望も子供がほしいとも思わないんです」と返す、が。

 

「そのうちいい人見つかるよ!」

「子供産むと自分の子って特別かわいいって思えてくるんだよ!」 

 

その言葉に億が一背中を押された私が婚活して男性とお付き合いし結婚し子供を授けて産むも、特別憎たらしく思えるなんてことになったら責任をとってくれるのでしょうか。とってくれないでしょう。

 

きっと善意で言ってくださることも知ってるし、私の気が立ち過ぎなのも理解しているので胸が痛む。かと言って何回も押し付けられるのもそろそろ嫌気がさしてきた。耳にタコが出来そうだ。

本当に本当に子供が可愛いんだろうな、幸せそうだな、いいお母さんだなって尊敬する反面マウンティングされてる気がしてならない。

私の職場は私以外全員子持ちで、それもお子さんがことごとく私とほぼ同い年だ。仕事中ぽつぽつ話しているうちに何かしらの単語がきっかけに相手の子供の話に繋がる。愚痴に見せかけたうちの子自慢。

シフト希望を聞かれる度に「予定が全くないので何日出勤でも平気ですよ」と言えば「うちの(子)は次の日も朝早いのに会社の人と飲んだり友達と遊び呆けてばかりで…」

私にだって友達いますけどね。布団って言うんですけど。毎日布団とねんごろしてます。

ひたすら聞けばいいから楽だし話題の提供にもってこいだから大助かりで感謝もあるけども。

大半の親は自分の子供が愛おしいんだろう。それなら他者も同じ考えだろうってことだろうか。悪気がない分たちが悪い。

 

 正直もう無理です。人間が無理です。卵子精子が結びついて出来上がったものって認識になりつつあるし妊娠報告とか出産報告とか聞いたり見たりすると(あぁ、中出しをし中出しをされたんだ)と下世話な考えが頭をよぎる。もう嫌だ。人間に向いてない。

 

何書きたいかこんがらがってきた。

人生の行き先が不明瞭で時間ばかりが進んでいって、時計の針が幾度となくまわるばかり。こうして文字を入力している間にも私の存在が無意味となっていく。

幼稚園の頃友達と遊んでいたら「シロシロシロ〜」と他の園児に謎の呪文と共に遊んでいた友達が連れ去られ私はぽつねんと一人立っていた。あの時は呆然とした。

 

 小学生の時道徳の授業で「クラスの子に嫌な思いをしたでしょ??」と無神経に一人ひとりに聞き、順番のきた私は「〇〇ちゃんに悪口を言われた」と言った。これは紛れもない事実である。

私は怖くて間髪入れずに「気がした」と補足した。先生は「気がした?」と質問して、その質問になんの意味があるのか分からないし「聞きました」と答えたらどうなるか分かりきっているので「気がした」と陰口を言っていたこのためにこたえてあげた。

 

時は過ぎ高校生になって一ヶ月経ったある日、下駄箱に入っていた新品のローファーが少しクタクタになったローファーに取り替えられていたことがある。

少しサイズが大きかったものの、特に新品に思い入れがあるわけでも不便性も無かったので、卒業するまで誰が所有していたか分からないその靴を履いて過ごしてあげた。

 

ロッカーに誰かが食べ終えたパンの袋が何回かあっても私は何も言わずゴミ箱に捨ててあげた。

 

文化祭のちょっとした手伝いを各学年各クラスから二人やらなくてはならなくて、私ともう一人女の子になって、その女の子が当日サボった時も私だけで物を運んだりしてあげた。

 

「やっこさん」だなんて名前のカスリもしないあだ名で呼ばれたりクラスの男子からあからさまな嘲笑や面白くもないいじりをされても何も言い返さずへらへらして流してあげたし、「やっこさん」という馬鹿らしい呼び名には応えないようにしてあげた。

 

 

 

 

私は寛容なのだ。私は寛容で心が広くて優しいから。

臆病だとか八方美人だとか、都合の良い人間だとかそんなの知らない。そう思わないとやっていられない。

幸せにならなければいいとは書かないから、「あげた」なんて嫌味な書き方するくらいのことは許してほしい。

知らないおじさんに500円をあげたことも許してあげた。

沢山許して「あげた」んだからさ、私を許してくれ。

 

こんばんは。よよいの酔の助です。

いきなり性癖を暴露する記事。気をつけてください。本当に。本当に。

失望してフォロー外すもよし。私はこういう人間なんだよ。ザルで振り落としてやるぞ。

僕はついていけるだろうか。君のいない世界のスピードに。

 

 

 

 

雌顔が好きだ。

突然何を言ってるんだと思うだろう。私もそう思う。

この際だから酒の勢いで書く。

冒頭に雌顔が好きと書いたけど、この雌顔は『攻め側の雌顔』なのだ。

もっと詳しく言うなればこれはBLGL分け隔てなく、BLなら『攻め』GLなら『タチ』と言うわけである。

つまりは受け(ネコ)がガチガチに攻め(もしくはタチ)を拘束して一方的にアレをこうするのに、攻め(タチ)………………めんどくさいから攻タ(攻めとタチの略)でいいや。攻タが堪えられず陥落して目が♡になるのが好きなのだ。

それでも陥落しない攻タも好きですが。どうにか真面目な考えで説得するの、いいね!ふぁぼ!

 

別シチュエーションで書くとなると王道の理性がプッツンですね。媚薬とかね。

そんで雌顔攻タが目を♡しながら男が男をアレしたり女の子が女の子をコレしたりするのが好きってワケなんですよ。

性癖なんですよ。

攻め(タチ)みたいな受け(ネコ)と受け(ネコ)みたいな攻め(タチ)がいいんですね。

 

あと攻タがよく実況してくれるのもいいよねっていう。「ウッ出すぞ!」じゃなくてさ、「ごめんなさい」とか謝りながら出すの。イイね!

受け(ネコ)より声いっぱい出すの好き。受け(ネコ)は恥ずかしくて声を殺そうにもたえられなくて次第に声出すんです。嘘つきました。襲う受ネ(受けとネコの略)が実況するのもいいですね。いいです。好きです。

受ネ「ほら、○○が☓☓してるよ」とかそういうのもいいよねっていう。

そこから攻タが形勢逆転するのも最高ですね。お互い目が♡です。なるほどね。

 

いかにもオタク・腐女子らしい文をしたためて大変申し訳ございませんでした。

 

話が変わりますがお布団にはいったの8:45くらいですが眠れません。

ハルシオン〜〜